プレスリリース

文響社とRISU Japan、未就学児・小学生の読解力向上を目指しタイアップ

2017年に発売3ヶ月で266万部売り上げた「うんこ漢字ドリルシリーズ」を出版する株式会社文響社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本周嗣、以下文響社)と、タブレット端末を使った学習サービス「RISU算数」を運営するRISU Japan(本社:東京都文京区、代表取締役社長:今木智隆、以下RISU Japan)は、未就学児・小学生の読解力向上を目指したタイアップ企画を実施致します。

▼ 読書量で、読解力と算数力は大きく変化する
塾など習い事を掛け持ちする小学生が増えてきている中、お子様に「読書をしてほしいけど、本屋に行く時間がない」、「受験や将来のために読解力をつけたいけど、長文を読むのを嫌がる」など、読書・読解力でお悩みの親御さんも多いのではないのでしょうか。

「ベネッセ教育総合研究」が2018年10月26日に発表した小学生を対象にした調査で、読書量が多い子供ほど4教科の偏差値平均が高く、特に算数はその中でも差がもっとも大きかったと発表しました。
 
SNSなどの発展により、短い文章を読む機会が多くなり、長文を読む機会が減ってきている環境の中、読書の促進を通じたお子様の読解力・総合的な学力の向上に貢献するサービスの提供を目指してまいります。

▼第一弾提携概要
キャンペーン内容:RISU会員に文響社が出版する子育て・教育関連書籍の中から1冊をプレゼント
対象      :RISU会員
リリース日   :2019年 1月11日

RISU Japanソーシャルメディア