プレスリリース

現役東大生がセレクト!親子におすすめのオーディオブックリストを公開~オトバンク×RISUが、子育て世代のスキマ時間活用支援における事業提携~

「現役東大生」が選書する親子で聴くのにおすすめのオーディオブックリストを7月9日(火)より公開
オーディオブックの制作・配信を行う株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也、以下オトバンク)とRISUは、2018年10月より子育て世代のスキマ時間活用支援を目指した事業提携を行っています。
今回、新たに「現役東大生」が選書する親子で聴くのにおすすめのオーディオブックリストを7月9日(火)より公開しました。“本”を用いた親子のコミュニケーションの手段の一つとして、オーディオブックをご活用いただけるような環境づくりを目指します。

これまでの事業提携に加え、子育て世代の親、そして子どものスキマ時間におすすめしたいオーディオブックのセレクト事業をスタートします。

受験勉強に勝つためには、世の中の物事を読み解く力、幅広い知識、論理的思考力が欠かせません。このテーマを基に「現役東大生」が親子向けのオーディオブックを選書いたしました。通学中や自宅での「スキマ時間」に活用いただくことで、オトバンク、RISUが目標実現をアシストします。

事業提携の背景

オトバンクが運営する「audiobook.jp」のユーザーを対象に、2018年6月に実施したアンケートによると、約9割が何かをしながらオーディオブックを聴く「ながら読書」を行っていることがわかりました。
その結果を受けて、忙しい子育てのスキマ時間を利用して本に触れてもらう「子育て+読書」のニーズに応えるべく、育児中の方が利用するRISUとの事業提携が2018年10月からスタートしました。

共働き世帯の増加や待機児童問題など、心身ともにゆとりのある子育て環境の実現には、まだまだ多くの課題が残っています。両社のテクノロジーをかけ合わせることで、ゆとりある子育てへの貢献を目指すとともに、“本”を用いた親子のコミュニケーションの創出を目指してまいります。

オーディオブックとは
オーディオブックとは、ナレーターや声優が本を朗読した「聴く本」です。耳だけで読書を楽しめるため、文字を読むのが難しい方のほか、ランニング中、電車や車での移動時間、家事の最中など生活のあらゆるシーンで「ながら読書」を楽しめます。

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)
株式会社オトバンクが運営する、日本最大のオーディオブック配信サービスです。2007年より配信を開始した「FeBe」からリニューアルし、2018年3月よりサービスを開始。現在約 27,000 本のコンテンツを配信し、オーディオブックのカテゴリー普及に向けてプラットフォームの拡大を目指します。
https://audiobook.jp/

実施概要

実施期間:2019年7月9日(火)~
内容:現役東大生が親子で聴くのにおすすめのオーディオブックを選定。選んだ理由と作品をご紹介していく特設ページを公開します。今後も定期的に紹介作品を掲載していく予定です。
特設ページ:https://www.risu-japan.com/prime-otobank/

株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)
音声コンテンツを中心とした事業を展開し、「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指している、日本最大の配信数を誇るオーディオブックカンパニーです。
500社以上の出版社様と提携し、主な事業として、日本最大のオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」でのオーディオブック販売をはじめ、オンラインブックガイド「新刊JP」(http://sinkan.jp/)を中心とした書籍のプロモーション事業も行っています。
http://www.otobank.co.jp/

RISU Japan株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:今木智隆)
お子様の学習データを分析し、1人1人の「ちょうどいい」レベルに教材が自動に変化するタブレット型の通信教育サービス「RISU算数」「RISUきっず」を提供する会社です。子どもが自尊心を育みながら学習習慣を身につけられる新しい教材の展開を中心に、多忙な家庭内における親と子のコミュニケーションを促進するサービスの一環として、学び・教育を中心に幅広く親子の生活に役立つキャンペーンを実施していく「RISU Prime」も手掛けています。
https://www.risu-japan.com/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
RISU Japan株式会社 
TEL:0120-84-1031
E-mail:press@risu-japan.com

RISU Japanソーシャルメディア