RISU 学びのバトン

~学ぶ機会をすべての子どもへ~

健康上の困難、経済上の困難、地理的な困難などで「学びたくても学べない」子どもたちへ、学ぶきっかけを届けよう。

「学びのバトン」にこめた想い

使われなくなった教材を、「次の才能」の手に届けます

生徒が卒業することで、その役目を終えた学習用タブレット。そのタブレットを回収し、「学びたくても学べない」子どもたちの役に立てるよう、新しい使命を与えます。

使わなくなった学習用タブレットをバトンのように次の子どもに手渡たすことで、学ぶチャンスが広がっていく。
「学びのバトン」プロジェクトは、そんなプロジェクトです。

困難に負けない、勇気を応援します

学びのバトンのプロジェクトは、困難に負けない心を育てます。

  • 健康上の困難 で、通学ができない
  • 経済上の困難 で、学び続けられない
  • 地理的な困難 で、学ぶ場所がない
  • こうした困難を乗り越えて、学び続ける勇気を応援します。

病院でも、過疎地でも、日本のどこでも先生が応援

トップ大生の先生たちが、一人ひとりの学びのコーチに

オンラインでの1対1の家庭教師を受けられるタブレットを貸与します。 (利用料やタブレット代などはかかりません。)

東京大学をはじめとしたトップ大生の先生たちが、一人ひとりの学びのコーチになります。

病院や過疎地など、日本のどこであっても「学びのバトン」に参加できます。
※ Wi-fi環境が必要です。

お申し込み条件と、バトンの受けとり

条件

  • 健康上の困難、経済上の困難、地理的な困難 のいずれかに立ち向かっている
  • 小学校1年生~中学3年生相当の算数の学力を持っている
  • 日本国内に在住している
  • Wifiの利用環境を用意できる (ただし、「経済上の困難」の該当者には貸出あり)
  • 利用が終わったら、タブレットの返却をお約束いただける

お申込みの手続きと審査

  • お申込みボタン からお申し込みください。
  • 毎月月末に応募を締め切り、NPOなど第三者を含めた「学びのバトン委員会」で対象者の審査を行います。
  • 必要に応じて、委員会より応募者にお問い合わせがまいります(電話・メール)。
  • 翌月上旬~中旬に、合格者に対して連絡とタブレットの送付を行います。

その他ご注意

  • 応援ができる先生の数が限られているため、1人あたりの利用は1ヶ月間のみです。
  • 1ヶ月の利用後は、タブレットを返送していただく必要があります。(着払い)

RISU Japan これまでの学びの支援活動報告

日本国内での活動

放課後NPOアフタースクール様と、学童の学びを支援

学校の放課後校舎を活用して、学童保育を提供する放課後NPOアフタースクール様を通じ、帝京小学校(東京都)の学童での学びを支援させていただきました。

海外での活動

海外青年協力隊 - マーシャル諸島学習支援活動

クラウドファンディングによる支援、また、現地の有志ボランティアスタッフ、海外青年協力隊、先生たちと協力して、教育機会の乏しいマーシャル諸島共和国の子供たちへとタブレットを届けました。

全国学力最下位の学校にRISUを届け、見事全国でトップ1位の成績向上幅の成果をあげ、子どもたちの自信と、将来働けるチャンスを伸ばしました。

Dyslexia(失読症)の子ども向けプログラムの提供

アメリカでは、子どもの200万人以上が「ディスレクシア(失読症)」によって、一般的な理解能力などに特に異常がないにもかかわらず、文字の読み書きが苦手なことで学びの機会を失っています。

RISU USA,LLCではクラウドファンティングでの協力を受け、ディスレクシアに対応した読み上げ教材を開発し、提供をスタートしています。

FAQ


詳しい内容を知りたい場合は、気軽にお問い合わせくださいませ。

審査とはどのようなものですか?

第三者のNPOも含めた「学びのバトン委員会」による書類審査が行われます。

健康上の困難、経済上の困難、地理的な困難の内あてはまるものについて、応募フォームに記載いただいた情報を元に、第三者のNPOも含めた「学びのバトン委員会」による書類審査が行われます。

応募内容に確認が必要な場合、また該当者多数の場合には、必要に応じて委員会より問い合わせの連絡があります。そこでのご回答も加味して、最終審査が行われます。

なお、審査の経緯や結果の理由についてのお問い合わせにはお答えできません。

費用負担が発生することはありますか?

いいえ、「学びのバトン」参加者に費用が発生することはありません。

送料やチューターによるオンライン家庭教師も含め、全て無償でご提供しております。RISU算数の利用料がかかることもありません。

Wifiの環境設定、通信費用のみ、参加者のご負担になります。 「経済上の困難」の該当の場合は通信環境の貸出を行える場合がありますので、詳しくは応募フォームからご連絡ください。

法人でも申し込みも可能でしょうか?

いいえ、個人による申込のみ受け付けています。

より多くの方にご利用いただけるよう、できる限りの先生の確保に努めてまいります。また、「学びのバトン」で使用するRISU算数タブレットは、これまでRISUをご利用いただいた方で、カリキュラムを全て終了するなど、多くの方のご厚意によって成り立っております。
予めご了承くださいませ。NPO法人、医療法人など、「学びのバトン」プロジェクトを応援してくださりたい方は、別途お問い合わせフォームよりご連絡ください。

個人や家庭の事情を教えたくありません。

いたずらや不正なお申し込みによって、本当に学びが必要なお子様の機会が失われることを防ぐため、正確な情報のご提供をお願いできる方のみを対象としております。

また、お預かりした個人情報は「学びのバトン」関係者のみで厳重に管理し、勧誘その他の目的では一切利用を致しませんので、ご安心くださいませ。