RISU 学び相談室

Q

塾なし・タブレット教材のみで中学受験で難関校に合格することはできるでしょうか?

Q RISU算数スタッフの回答

タブレット教材をうまく利用することで自宅での学習の効率を上げ、志望校合格に近づくことは可能です。 中学受験を突破する人には、「レベルにあった問題で効率をよく実力を伸ばしている」「どんどん先取りする」「思考力をつける」という共通点があります。これを実現できる環境が必ずしも塾にあるとは限りませんし、塾に通わなくてはいけないということもありません。

中学受験に勝つ人の共通項

1.自分のレベルにあった問題で効率よく
2.できるならどんどん先取りする
3.思考力を養う

1.自分のレベルにあった問題で効率よく


受験で戦うライバルは皆しっかり時間をとって勉強してきます。
そのようなハイレベルな争いにおいて、勝敗を分けるのは勉強の効率の良さです。

解いてきた問題数が同じであるならば、一問あたりでどれだけ学力を伸ばせるかが鍵になります。

効率的に学力を伸ばすには、易しすぎず、難しすぎず自分の実力に1番あった問題を解くことが大切です。


RISU算数ではお子様ひとりひとりの学力についてデータをとります。

そのデータに基づいて各分野ごとの得意・苦手を把握し、お子様の実力に合った出題となるよう、個人に合わせて問題が変わり続けます
そのため、難しすぎてついていけないことも、易しすぎて足踏みをすることもないのです。

塾に通ってみんなと同じ問題を解くよりも効率よく実力を伸ばすことができるのです。

2.できるならどんどん先取りする


受験直前期には受験に特化した応用問題を解く訓練をします
そのため、その前の段階である基礎は早期に一通り終わらせておく必要があります

特に算数の基礎学習の場合、早期に終わらせておくことが大切です。
なぜなら直前期には理科や社会といった暗記物に時間を割くほうが点数の伸びがよく、算数は今までに培ってきた思考力を維持できる程度に問題を解くくらいが望ましいからです。

また、受験でライバルとなるのは、同じ学校の同級生ではなく、日本全国の同年齢の人です。
もちろん理解が追い付かないのに焦って先取りするのは厳禁ですが、もしまだまだ先に進む余裕があるのであれば学校のペースに合わせる必要はありません。


RISU算数では、お子様の学力に合わせた出題をおこなっているため、難しすぎて勉強が嫌になることや易しすぎてつまらないと感じることがなくなります。

なおかつ解き甲斐があり楽しい問題がつづくため、気が付くどんどん先に進んでいます。

実際、RISU算数利用者の平均学習速度は学校の1.7倍速になっています。

3.思考力を養う


受験で問われるのは学校で習うような単純な計算力や暗記量だけではありません。

「問題で問われているものは何か。」をきちんと把握して、論理的に考え抜いて答えを出す力が求められます
この力は一朝一夕で身につくものではないため、なるべく早期から意識して継続的に鍛えていく必要があります


塾に通っているお子様の中にも、文章を読み取るのが苦手で問われていることを適切に把握できないお子様や、論理的に思考するのが苦手なお子様もいます。

RISU算数には、単純な計算問題だけでなく、きちんと文章を読み取らなくては解けない問題や思考の整理をしなくては解けない問題がたくさん含まれています

早期から思考力を身に着けていくことができるのです。

必ずしも塾が最適でない


塾での環境が必ずしも、「どんどん先取りができて、思考力に磨きをかけるような問題をたくさん解けて、すべての問題は自分の実力に合っている。」ということはありません。

塾に通う利点は、ハイレベルな問題を解くことができ、わからないところの解説を受けられる点です。

一方、皆が一律で同じ授業を受けるため、自分のペースで先取りができるわけではないですし、すべての問題が自分の実力にぴったりなわけではありません

塾で解くようなハイレベルな問題に触れながら、自分のペースで実力に合った問題を解き続けられる環境で勉強していくことが、中学受験突破において理想的な勉強法です。

「受験をするならば入塾をしなくてはいけない。」とお考えの方も多いかもしれません。

しかし本当に大切なことは、思考力を鍛えられる良質な問題を用いて勉強すること、自分に合ったレベルのものを解き、可能な限り先取りしていくことです。
そのために入塾することも一手段にはなりえますが、必ずしも低学年のうちから塾に通うことが最適とは限りません。

RISU算数は、小学校低学年・中学年の受験を意識したお子様に最適な教材です。

RISU算数のようなタブレット教材を利用することで理想的な学習環境を実現し、受験対策が本格化する高学年に備えましょう。

算数が好きになるのには、理由があります。
サービスお申し込み