RISU 学び相談室

Q

通塾を考えています。費用はどうなっているのでしょうか。

Q RISU算数スタッフの回答

通う塾や、学年によってかかる費用は異なりますが、平均的な費用を算出してご紹介します。中学受験を控えて進学塾に通う場合、小学6年生の年間にかかる費用が100万円を超えていくこともあります。

塾の平均的な授業料


中学受験のために進学塾に通うのと学校の予習や復習のために補習塾に通うのとでは、かかる費用は異なってきます。

進学塾の場合、基本的には中学受験を目前にした6年生の時にかかる費用があがります
相場は地域ごとの土地代や人件費によって異なる場合がありますので、一つの目安として参考にしてください。

<進学塾の場合>

<補習塾の場合>

長期休暇講習の平均的な授業料

塾では、春・夏・秋に季節講習が行われます。
参加が自由な塾もあれば、この間にカリキュラムが進むため、参加することが当たり前となっているところがあります。

一部の塾では、合宿を行ったり年末年始に特別講座を開いていることもあります。

夏期講習

<進学塾の場合>

<補習塾の場合>

春期講習・冬期講習

<進学塾の場合>

<補習塾の場合>

夏合宿(四谷大塚)

成績などから選抜される合宿で、毎年多くの方が参加されているようです。
それだけ多くのものが得られるということでしょうか。

年間費用の相場

年間費用の合計

<進学塾の場合>

<補習塾の場合>

RISU塾の場合

月謝

その他

タブレット費用や教材費はすべて0円です。

利用料はお子様が学びによって身についた分だけが費用としてかかります。
例えば、学校が1年かけて進む範囲を8ヵ月で終わらせた場合は、スピードが1.3倍・ご利用料は3000円です。

学びが高いほど利用料が高くなりますが、より短期間で全範囲の学習を終わらせることが可能です。

授業料のみだけでなく、トータルの費用で


かかる費用は入塾日や教材費、講習費を含めて慎重に比較しましょう。
また、通塾費やお昼や夕飯などを持っていく場合、親御さんがお弁当を用意するという手間もかかります。
お子様がコンビニなどで買って自分で用意していく場合もあるので、食費もある程度出していかなくてはなりませんね。

難関校を目指して進学塾に通う場合、小学6年生の年間にかかる費用が100万円を超えていくこともあります。
こうしてみると費用の大きさが改めて実感します。

お子様自身が先生や教育方針にあっていなければ、得られるものも少なくなってきます。
入塾するまえに体験教室に行ったり、サンプルの教材に目を通してみたりして、選ぶ時は慎重に行うのがよいでしょう。

塾に通う場合や、特に中学受験を視野にいれていった場合、それ相応の覚悟が必要となってきます。
一度家族で話し合ってみることをおすすめします。

算数が好きになるのには、理由があります。
今だけ限定!RISUを1週間お試しできるキャンペーン実施中!
サービスお申し込み