RISU 学び相談室

Q

夫が俗にいう転勤族というもので転勤が多く、子供の塾に通わせてあげるのが難しいです。何か方法はないでしょうか。

Q RISU算数スタッフの回答

考えられがちなのは転勤に合わせて転塾をするというものか通信教育でしょう。

このような事情の場合私は通信教育をお勧めします。
ですので、今回はこの二つについてご紹介しつつ回答解答しようと思います。

転塾


経済的に余裕がある場合、引っ越すたびに近場の塾へと変えるというものは確かに考え得ます。
しかしながら転勤が多いということは、お子様も学校の転校も多いということです。
学校での生活に慣れるだけでも大変なのに、塾も何度も変わるとなるとお子様の負担も大きくなるでしょう。
お子様の性格によって異なってはきますが、あまりの変化に混乱してしまうお子様も少なくはありません。

また、転塾するたびに授業カリキュラムにズレが生じてしまうことも考えられます。
一度学習している単元をもう一度勉強する分には復習になっていいかもしれませんが、引っ越し先で入った塾が以前の塾よりも進んでいた場合、取り残されてしまう可能性もあります。
引っ越す先にいつも同系列の大手塾があれば問題にはならないかもしれませんが、いつどこに転勤になるかわからない転勤族となるとあまり現実的とは言えません。

通信教育


次に通信教育についてみていきましょう。

通信教育では基本的に配送もしくは配信された教材を自宅で学習することを主としています。
そのため全国どこでもご家庭で学習でき、引っ越した場合に別の塾へと変えるような必要がありません。
これは入塾料などが嵩まず保護者としては金銭的にうれしいものでありますが、転塾を避けることでお子様への精神的負担も少なくなります。

また、学習カリキュラムが変化することもなく、引っ越し直後から継続的に学習を続けられる点でも通信教育のほうが適しているかと思われます。
引っ越し後のバタバタの中、お子様のための塾を探してあげるのは大変ですし、入塾までの間に学習が疎かとなってしまっては元も子もありません。

塾、通信教育どちらがいいのかという話題は数多く語られるものですが、ご質問者様のような転勤の多いご家庭ですと通信教育が適していると思われます。
もちろん、お子様の性格に合わせて選んであげるべきなのですが、このような背景ではお子様への負担が非常に大きくなるということも考慮して選ぶべきでしょう。

もし通信教育で検討をされる場合、RISUの算数教育がお勧めです

RISUでは紙媒体ベースの通信教育ではなく、タブレット教材による授業配信を行っております。
そのため他の通信教材と異なり、お子様1人1人に合わせた授業内容を配信するため、月ごとに進むテキストだけを与えられ置き去りになるということがありません。

また、24時間365日無料のフォロー相談体系をとっているため、つまずいてしまった箇所ですぐに補うことができます。

さらに正答率や忘却曲線に沿った復習問題が1人1人に合わせて自動で配信される点でも他の通信教材にはないRISU教材の魅力があります。
一般の通信教育で不安に思われやすい復習もお子様ごとに最適な問題を提供しています。

算数が好きになるのには、理由があります。
今だけ限定!RISUを1週間お試しできるキャンペーン実施中!
サービスお申し込み