RISU 学び相談室

Q

子供にタブレット学習を始めさせようと思っているのですが、おすすめの教材はありますでしょうか。

Q RISU算数スタッフの回答

タブレット教材には様々な種類があるので、それぞれの特徴を比較した上でお子様に合ったものを選んでいただく必要があります。しっかりと選ばなければお金と時間の無駄になってしまう上に、お子様が勉強嫌いになってしまいかねません。

タブレット学習の利点


1.場所を選ばない
2.勉強が楽しくなる
3.親の負担が減る

1.場所を選ばない


「学校や塾だけでなく、出かけた先でも空いた時間に勉強してくれたら嬉しいのに・・・」と感じたことはないでしょうか。

ドリルを持って行っても、机と椅子がない場所では何もできなくで困ってしまいますよね。

多くのタブレット教材は、Wi-fiのある環境で利用することができます。
なのでご自宅はもちろん、フリーWi-fiスポットがある場所ではどこでも勉強ができます。

また、ポケットWi-fiを持っていれば、車の中などどんな場所でも常にタブレットで勉強することができます。
タブレットだから机と椅子もいらないし、持ち運びもしやすいのでとても便利ですよね。

2.勉強が楽しくなる


ドリルのような紙と鉛筆を使う教材で勉強させていると、すぐに飽きてしまうお子様が多くいらっしゃいます。

どうしても「勉強感」が出てしまって「嫌なものだ」という先入観が生まれてしまうからです。

タブレット学習なら使うのは紙と鉛筆ではなくタブレットです。
タブレットは子どもにとって「楽しいもの」、「ゲームのようなもの」という印象が強いので、勉強すらも楽しませることができます。

楽しめるようになると、勉強がだんだん好きになります。
好きになればもっと勉強するようになるので、どんどん成績がよくなります。

3.親の負担が減る


ご家庭で勉強をさせるとなると、丸付けや問題の解説をするのは親の役目です。
しかし仕事や家事で忙しいとなかなか子どもの勉強につきっきりにはなれませんよね。

タブレット学習なら、丸付けはすぐに自動で行ってくれるし解説もあるので親が面倒を見る必要がなく、お子様が一人で勉強を進めることができます。

丸付けなどをする時間が必要なくなれば、親御さんも快適に過ごせるので一石二鳥ですよね。

教材による違い


1.ゲームだけを楽しんでしまわないか
2.お子様に合ったレベルかどうか
3.「先生」がいるかどうか

1.ゲームだけを楽しんでしまわないか


教材によっては市販のタブレットを使うものがあるので、同じタブレットにゲームのアプリやYouTubeなど、子どもにとって魅力的な「障害」が、勉強の邪魔をしてしまいます。

また、勉強を進めたご褒美としてゲームができるような教材もあり、勉強よりゲームがメインになってしまう場合もあります。

しかし、例えばRISU算数のタブレットなら、専用のタブレットを使っているため他のアプリに邪魔されることもないし、勉強のご褒美はゲームではありません。

勉強のご褒美には「スペシャルもんだい」という”魅力的な問題”を用意しているので、ゲームではなく勉強を楽しんでもらえるようになっています。

2.お子様に合ったレベルかどうか


タブレット教材のレベルは教材によって様々です。
大きく二つに分けるとすると、「学校の勉強進度に合わせたもの」「無学年制のもの」があります。

無学年制というのは、学校の勉強進度とは関係なしにお子様が進めれば進めるだけ教材も難しくなっていくというもので、先取り学習に向いています。

学校と同じペースで勉強ができればいいという方は前者を選べばいいですが、勉強が得意な子はできる問題をずっとやっていても飽きてしまいます。

また勉強が苦手で学校のペースにもついていけない子は、少し簡単なところからじっくり勉強するべきでしょう。

お子様のタイプに合わせて、教材のタイプも選んであげる必要があります。

3.「先生」がいるかどうか


通信教材は学校や塾と違って、基本的に「先生」と呼べる存在がありません。
そのため問題の解説が不十分で理解できないときに、子供はその不明点を放置したまま勉強を進めることになります。
それではしっかりとした実力はつきませんよね。

教材によっては赤ペン先生のような添削サービスがありますが、それでも不明点解決までは時間がかかってしまいます。

親が教えるにしても、分かりやすい解説は難しいし、そもそも時間がとれないことが多いですよね。


例えば、RISU算数なら、お子様が間違えた問題からお子様の「にがて」を分析し、そのにがてをつぶすための「せんせいどうが」が送られてくるようになっています。
名門大学生が丁寧で分かりやすい解説をしてくれるので、リアルタイムで不明点を解決することができます。

算数が好きになるのには、理由があります。
サービスお申し込み