RISU 学び相談室

Q

子どもが中学受験を考えています。中学受験の塾にはいつから行かせた方がいいでしょうか?

Q RISU算数スタッフの回答

一般的に入会が多い4~5年生で入ることをオススメします。しかし入塾までに基礎固めをしておくことが前提となります。

1.中学受験塾の新学期は2月


まず最初に抑えてほしいのは中学受験塾の新学期は2月だということです。
関東の中学受験は1月の下旬から2月の上旬に行われます。
それに合わせて小学校6年生の授業は1月に終わるので、新学年のスタートは2月となります。

例えば、4年生から中学受験塾に通わせたいのであれば、3年生の2月以前に入塾申し込みの手続きを行わなければならないということです。
学校では3年生の扱いですが、塾では『新4年生』扱いとなるので注意が必要です。

2.小学校3年生までに塾に通わせるメリット・デメリット

メリット


小学校3年生までは基礎固めの時期です。
中学受験で有名なSAPIX・四谷大塚・早稲田アカデミーなどの進学塾でも、3年生までの授業は基本的に中学受験対策というよりかは学校の授業に沿った勉強となっています。

そこで3年生のうちから塾に通うことで、プロの講師の下でしっかりと基礎固めが出来る点がメリットでしょう。

中学受験の問題は基礎が固まっていない限り応用問題を解くことは出来ません。
低学年の早い時期から基礎を固めておくことで、実際に中学受験の対策となったときに、比較的容易に取り組むことが出来ます。

また、勉強のリズムを早い段階から身に付けることが出来るのもメリットですね。

デメリット


早い頃から塾に通わせると、集中力のもたないお子様や競争心がまだ無いお子様にとっては、授業が苦痛になってしまう可能性があります。

さらにこの時期から中学受験塾に通わせるとお金の面でかなり負担がかかるのも大きなデメリットでしょう。

3.小学校4~5年生から塾に通わせるメリット・デメリット

メリット


一般的にこの時期が一番いいと聞いたことある方が多いのではないでしょうか?
実際にこの時期が一番入会率が高いです。

大手進学塾(SAPIX・四谷大塚・早稲田アカデミーなど)で、本格的に中学受験の対策が始まる時期でもあります。
これらの大手進学塾は4~5年生から勉強を始め、6年生で合格できるようにプログラムを組んでいるので、4年生から通うことで一通りの受験対策・受験テクニックを教わることが出来ます

4年生でやった範囲を5年生で復習して定着させ、6年生で実際の入試問題を解いていくというのが一般的です。
そのため、一度学習すれば定着する自信があるお子様、または基礎固めが完璧なお子様は5年生からでもついて行けるのです。

また、この時期から先生・生徒のやる気が上がり始めます。
周りのモチベーションに刺激されて勉強できる環境もいいですよね。

デメリット


お子様によっては、塾の授業についていけなくなる可能性があるということです。
これは4年生にあがるまでに土台作りがしっかりできているか、また挽回できるかにかかっています。

5.小学校6年生から塾に通わせるメリット・デメリット

メリット


塾に通い始めるのが遅ければ遅いほど高額な授業を払わなくてすむことでしょう。

SAPIXを例にとります。
4年生から始めたとしたら、4年生の1年間で58万、5年生の1年間で70万、2年間で128万です。

仮に6年生から塾に通わせるとしたら、4年生から塾に通わせるより塾代を100万ほど抑えることが出来ます。

デメリット


金銭面のメリットがあるとは言え、6年生から塾に通わせるはあまりお勧め出来ません
5年生までに家庭教師や他の教材でしっかりと対策をおこなっていない限り厳しいです。

「もう受験まで1年もない」という意識のもと、しっかりと集中して勉強することは出来るかもしれませんが、かなりリスキーなので、この効果を狙って6年生から塾に通わせることはオススメできません。

まとめ

今回は、中学受験塾はいつから通った方が良いかについて紹介しました。
結論として、出来ることなら3~4年生からの入塾をオススメしますが、金銭面の問題もあるので、3年生まではドリルや通信教材で基礎固めをして、4~5年生から中学受験塾に行くことをオススメします。
塾に通う時期は、金銭面・お子様の学習状況によっても変わってくるのでよく話し合って決めていきましょう。


RISU算数では、お子様ひとりひとりの学習状況に合った教材を提供することで、お子様の成績アップを行っています。
自宅で好きな時間に学習することができ、集中して取り組むことができます。


得意な分野はさらにのばし、苦手な分野は重点的に学習できるようになっており、小学校3年生までの基礎固めに最適です。

また、学習塾に比べて金銭的にも負担がかからないので、小学校4年生になって塾で本格的な受験対策を始める前に、RISU算数で基礎から勉強をしておくことをオススメします。

算数が好きになるのには、理由があります。
サービスお申し込み